「無知の知 cell division ver」

hisomi-tnp


絵:Tsutomu Hirakawa
詩/音:Hisomi-TNP/6
production credit
samples "Rokkasho (main theme)" by Ryuichi Sakamoto / Team 6

 

『無知の知 cell division ver』

危険性に目覚め電線を眺める 伝染していく平成の平静さを装う国家
急ぎ過ぎるが故にその全てが速乾 使い捨ての利かない地球からの悲痛な報告
海と大気中に 溶ける猛毒 後続の生命 孤独 罪も無く背負う もろく
終わり見えぬ 盲目 語録 損や得の勘定で感情のままの惨状
暴走した原子達は大地を切り裂き まるで形無い放射線 四方に放ち
人が住むことの無くなった不気味な町 活気が戻るのはいったい何世紀先
生い茂る木々に覆い隠され埋もれた文明 一見 自然 だが遺伝子は不自然
甘く香る毒の果実 黄泉の魔術 巧みなその話術で翻弄するヤカラ
宝に目の眩んだ 判断 注意散漫 まるで定まらん 地震の来ない日本 列島など無い
数式で雨を凌ぐ汗を知らぬ未熟さ ヴィジョンは異常無し 机上のナントカ
無責任な判断に傲慢が巣食う 今 勇気がこの腐敗した国を救う
灰汁を掬う腐りかけの古い杓子 策士策に溺れ真を隠し深い傷の跡に乗せる札束の蓋
増えるばかりの目に見えない子孫への負担
プロパガンダチョコレートばらまいてチェックメイト
空と海と大地から生物へと繋ぐバイパスに詰まった燃えカス未来を脅かすほど
地球の胃袋で起きる消化性潰瘍 世界を導く対応その正解を
できる事から全てを今伝えよう 図面で踊る理想郷で無知が連鎖
センサーでは測れない繊細なバランスを操作したつもり
まるで神の真似事 何を戯れ言 安全のうたい文句並べ溶接されたハリボテ
針を持て 集え2006一寸の志士達
日ごと思考を停止させるスピード速まるばかり ばかに明後日を向いた灯台の灯り
明日の地球と日本と仕事と私 どれも現実 連日の道探し
容易に口 割らぬ 悪行の渦中 善悪以前に迫る選択のプレス
核心に触れず 悪びれもせず 言い慣れたフレーズ 「安全です」
過去に学べある者は生きる為の仕事で被曝
またある者は知らぬ間に被曝 酷く荒れ果てた大地ぼんやり眺める
気が狂うほど 先まで及んだ呪縛
例えばが例えじゃなくなるこの延長線上
知らないに滑り込んだ洗脳でブレンド
矛盾の言動は一切力を持たないから
よそでプルート飼い馴らされても何も言えないよ
予期出来た予期せぬ事態
起きてから学び忘れる だから反復 だから反復

今起こす行動が紛れも無く未来像
今起こす行動が紛れも無く未来像

download ( 3.82MB / 4:10 )

featuring:
hisomi-tnp (gunma)

stop-rokkasho shing02さんと 坂本龍一さんによる「stop-rokkasho」というプロジェクト。
http://stop-rokkasho.org/

青森県の青森県六ヶ所村にある核燃料再処理工場による、 甚大な放射能汚染などに対した活動です。
(この再処理工場からは通常の原発から出る放射能の一年分が、一日で出る)